脂肪吸引で失敗するとどうなる?

脂肪吸引で失敗する前に!

脂肪吸引で失敗するとどうなる?

.

脂肪吸引で失敗?

凸凹

脂肪吸引で失敗したと言う人の失敗例を見てみると、一番に多いのが脂肪吸引後の皮膚の凸凹のようです。これは不均一に脂肪吸引をした結果に見られる失敗例で、医師の技量によるものです。ほとんど脂肪吸引の経験をしたことがない未熟な医師や、適当に脂肪吸引を行っている医師などによって脂肪吸引を受けると、このような失敗例になってしまう場合があります。脂肪吸引をする際に、毛細血管などを傷付けてしまって内出血班ができてしまうということもあります。これは、時間の経過により消えていくものですのでそれほど心配することでもありませんが。また、両足の脂肪吸引を行ったときに左右の太さが違っていたり、希望していた部分の脂肪吸引が思うようにされていなかったり、脂肪吸引をする前と後で、対して見た目が変わっていない、といった失敗例もあるようです。また、脂肪吸引は成功しても、脂肪吸引後のケアを怠ったばっかりに、満足いく結果を得られない場合もあります。この場合は、医師などから出ていた指示を守らなかった自分にも責任がありますので、一口に医師の技量不足で失敗した!などということはできないと思います。


ページのトップへ ▲

脂肪吸引の失敗は満足度による

話し合い

脂肪吸引のそれらの失敗例は、誰が見てもこれは失敗だろう…と思わざるを得ないものから、え?失敗したの?と思ってしまうような微々たるものまで様々です。後者の場合、医師的には成功したと考えているのに、患者側がイメージと違うから失敗した!と考えることも多いようで、初めのカウンセリングなどの重要性がとてもわかります。いくら医師側が失敗はしていないと言っていても、患者側が失敗だ!といえば、それは失敗ということになってしまいますから、しっかりと、事前の話し合いをし、双方のイメージ、考え方の違いなどを把握し、納得した上で脂肪吸引を受けるようにしなければいけません。


ページのトップへ ▲

失敗とはいえない死亡事故

死亡事故

脂肪吸引で死亡してしまった、という、もはや失敗とは言えない大事故も起こっています。この場合は、脂肪吸引自体によるものではなく、脂肪吸引の際に使われる麻酔によって起こります。麻酔というものは、微量を調整して体内に送り込みます。その量が少しでも多すぎてしまうと、それは致命的な事故へとつながってしまいます。これは、脂肪吸引だけにかかわらず、麻酔を行う手術ではどんなものでも同じだけのリスクがあります。病気を治すためにする手術とは違って、脂肪吸引というのは見た目的な問題で手術をするわけですから、その辺りのことをよく考えて脂肪吸引を受けるようにしましょう。健康な人が、脂肪吸引をしたばっかりに命を絶ってしまう…というのは、自分だけでなく周囲の人たちも悔やむに悔やみきれないかと思います。脂肪吸引によって死亡という失敗例も、極めて稀なことですが、あるにはあるということを念頭に置いておいて欲しいと思います。


ページのトップへ ▲

| ホーム | 脂肪吸引とは | 脂肪吸引は怖い? | 脂肪吸引で失敗するとどうなる? | 脂肪吸引の料金はいくら? | 脂肪吸引の手術方法は? | メスを使わない脂肪吸引 | 超音波で脂肪吸引 | 脂肪吸引の体験談を聞きたい! | 脂肪吸引の体験モニター | 顔の脂肪吸引 | 頬の脂肪吸引 | 二の腕の脂肪吸引 | 腹の脂肪吸引 | 太ももの脂肪吸引 | ふくらはぎの脂肪吸引 | 尻の脂肪吸引 | 東京で脂肪吸引するなら | 大阪で脂肪吸引するなら | 名古屋で脂肪吸引するなら | 福岡で脂肪吸引するなら |

Copyright (C) 脂肪吸引で失敗する前に! All Rights Reserved.