腹の脂肪吸引

脂肪吸引で失敗する前に!

腹の脂肪吸引

スポンサードリンク

.

お腹の悩みは大きい

おなか

女性の大多数がお腹まわりの脂肪を気にしているようです。程度に差はあるにしても、悩み深い部位でもあります。お腹というのは、ちょっと運動していなかったりしただけで、あっという間に脂肪が蓄積されてしまいます。そのため、気を抜くことなく、常にスタイル維持に気を遣っていく必要があります。また、お腹の脂肪というのは、一度ついてしまうとなかなか落とすことができません。昔は穿けていたワンピースが穿けなくなってしまった、もうすぐ夏だけど恥ずかしくて水着が着れない…そんな悩みを持っている人は多いようです。


ページのトップへ ▲

お腹の脂肪吸引

入院

そのため、お腹の脂肪吸引を行いたいと考えている人は多いです。しかし、実際に行動に移す人というのはその中のわずかな人たちです。それはなぜかというと、お腹の脂肪吸引というのは、他の顔や二の腕などの部位に比べて、手術時間も長く、いくつかメスを入れなければならなかったり、脂肪吸引後の痛みが強い場合などがあるからなようです。部位によっては30分もあれば終了してしまう脂肪吸引もあるのですが、お腹の脂肪吸引の場合には3〜4時間(麻酔時間も含む)はかかります。手術時間が長いということは、同時に身体へ与える影響も大きいということになるため、大掛かりなものになります。脂肪吸引を受ける場合は通常日帰りですが、お腹の脂肪吸引の場合は一泊入院するケースもあるようです。医師の技量にもよりますが、お腹の脂肪吸引もうまくいけば満足度の高いものです。


ページのトップへ ▲

お腹の脂肪吸引の痛み

シャワー

お腹の脂肪吸引を行う場合、多くは、お臍の上・両大腿のつけ根の三箇所にメスを入れ、カニューレを挿入して脂肪吸引を行っていくようです。メスが入る場所が多いので、その分麻酔が切れてからの痛みは強くなります。また、お腹の大範囲の脂肪吸引をするわけですので、術後、お腹全体に筋肉痛のような痛みがおこります。脂肪吸引を行った場合はどの部位でも少なからず筋肉痛は起こりますが、お腹の場合にはやや痛みも強く辛いケースが多いようです。日常的な生活に制限はなく、脂肪吸引をした翌日からシャワーも浴びることができます。そのため、とくに仕事に支障を来たすことはないのですが、大事をとって休むという人もいるようです。


ページのトップへ ▲

お腹の脂肪吸引のお値段

値段

お腹の脂肪吸引の場合は、範囲が広いので料金もそれなりに高額になります。だいたいですが、20万〜40万以上する場合がほとんどのようです。お腹と一口に言っても、上腹部と下腹部などにわけて考えている美容外科もあるため、腹部全体を、ということであれば、それ以上のお値段になることもあります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| ホーム | 脂肪吸引とは | 脂肪吸引は怖い? | 脂肪吸引で失敗するとどうなる? | 脂肪吸引の料金はいくら? | 脂肪吸引の手術方法は? | メスを使わない脂肪吸引 | 超音波で脂肪吸引 | 脂肪吸引の体験談を聞きたい! | 脂肪吸引の体験モニター | 顔の脂肪吸引 | 頬の脂肪吸引 | 二の腕の脂肪吸引 | 腹の脂肪吸引 | 太ももの脂肪吸引 | ふくらはぎの脂肪吸引 | 尻の脂肪吸引 | 東京で脂肪吸引するなら | 大阪で脂肪吸引するなら | 名古屋で脂肪吸引するなら | 福岡で脂肪吸引するなら |

Copyright (C) 脂肪吸引で失敗する前に! All Rights Reserved.